十一月の観光情報 | 【公式】雲仙みかどホテル 長崎・島原の豪華ビュッフェと天然温泉が自慢の宿

いよいよ紅葉シーズン到来!
島原半島を愛でる、
ゆったり紅葉旅のススメ

秋の行楽シーズンに入り、
九州を代表する紅葉の名所「雲仙仁田峠」を擁する島原半島は
美しい秋景色が見れることでも有名です。
ゆっくりトレッキング、或いは情緒豊かな温泉地や街道の散策など、
あなたに合った秋の絶景を愛でる旅へ出かけませんか?

雲仙ロープウェイ

雲仙ロープウェイ

標高約1300m!麓から山頂までをつなぐロープウェイ。 ゴンドラ内からは、美しい妙見岳の紅葉を大パノラマで 眺めることができます。特に、妙見山頂到着直前の ゴンドラからの景観は格別と評判!条件が合えば、 妙見岳より有明海上空に広がる雲海から覗く 天草群島がお楽しみいただけます。(秋~冬限定)

料金:
■片道/大人(中学生含む)730円、小学生以下370円
■往復/大人(中学生含む)1290円、小学生以下650円
営業時間:8:31〜17:11 (上り最終16:51)
※10/31までは8時31分~17時23分(上がり最終17時03分)
※時期により時間帯が異なります。
※荒天時は運休

詳細URL:http://unzen-ropeway.com/index.html

住所:雲仙市小浜町雲仙551
問合せ:雲仙ロープウェイ株式会社
TEL:0957-73-3572

雲仙普賢岳トレッキング

雲仙普賢岳トレッキング

新登山道が開通し「平成新山」がグッと間近になり、トレッキング好きからも人気の雲仙普賢岳。「普賢岳紅葉樹林」として国の天然記念物にも指定されており、緑色の葉の中に群れて咲き乱れる紅葉植物は、 まるで海の中に生息するサンゴ礁のよう。思いっきり動いた後は、疲労回復に温泉でリラックスしましょう♪

住所:雲仙市小浜町雲仙
問合せ:雲仙温泉観光協会
TEL:0957-73-3434

雲仙紅葉ウォーク

雲仙紅葉ウォーク

2019年11月4日(祝・月)に開催決定!
毎年大好評のイベントが今年はさらにパワーアップし、 「めぐる・食べる・つかる」をテーマに、温泉街で使える 500円券付きという嬉しいサービス付きで開催されます。
4つのコースからお選びいただけ、当日参加も可能です。

料金:
[事前申し込み]
一般:1,000円 小学生以下:100円
※申込期限:2019年10月28日(月)
28日以降は当日受付となります。
[当日申込み]
一般:1,200円 小学生以下:200円
■コースによって、ポールレンタル料 200円
■弁当代:500円(一食)※弁当は事前予約必須

詳細URL:http://www.unzen.org/blog/archives/1262

問合せ:雲仙温泉観光協会
TEL:0957-73-2233

雲仙地獄

雲仙地獄

硫黄の香りが立ち込め、最高温度120℃もの噴気が、シューッと音を立てて地の底から吹き出し、辺り一面を覆い尽くす光景は、まさに地獄そのもの。
遊歩道が整備されており、約60分ほどの地獄めぐりの途中には、新しく整備されたスポットも。五感で地獄を楽しむことができます。

住所:雲仙市小浜町雲仙
問合せ:雲仙温泉観光協会
TEL:0957-73-3434

ジオ・マルシェ

ジオ・マルシェ

年2回開催の島原半島の「食の祭典」。
ユネスコ世界ジオパークに認定される島原半島の 大地(ジオ)の恵みが一堂に集結し、生産者とお客様がふれあえる市場が期間限定で登場。販売はもちろんのこと、会場横の芝生広場ではピクニック利用も可能です。素敵なひとときになること間違いなし。

入場料金:無料
営業時間:10:00〜15:00
住所:島原市平成町1-1(雲仙岳災害記念館内)
問合せ:島原半島観光連盟
TEL:0957-62-0655

小浜の夕日

小浜の夕日

雲仙みかどホテルから車で約40分程でいける橘湾に面した小浜温泉。歌人・斎藤茂吉が、「ここに来て 落日を見るを常とせり 海の落日も 忘れざるべし」と夕陽に感動して詠んだ歌があるほど有名な絶景スポット。水平線を黄金色に染めながら、大海原に沈みゆく夕日は思わず溜息が出るほどの美しさです。

住所:雲仙市小浜町北本町(夕日の広場)
問合せ:小浜温泉観光協会
TEL:0957-74-2672

月間

観光情報
バックナンバー

Backnumber