島原半島で
パワーチャージ!

三社詣でご利益アップしたら、
冬ならではの絶景と食で
ココロもカラダもパワーチャージしよう!

◆三社詣

温泉神社(雲仙市)

温泉神社(雲仙市)

温泉神社(うんぜんじんじゃ)は雲仙温泉のメインスポットでもある雲仙地獄と隣接しており、散策中にぶらりと立ち寄るのにも便利!
樹齢200年を超える、 恋愛成就・子孫繁栄にご利益があるパワースポット「夫婦柿」。
他にも家内安全、勝運祈願、心願成就など多岐にわたります。
 
 

橘神社(雲仙市)

橘神社(雲仙市)

橘公園には千々石の三大先人(橘中佐・釧雲泉・千々石ミゲル)の史蹟が数多く残されています。 初詣や橘ぜんざいと季節ごとに様々な催し物が行われ、中でも初詣は県内3番に入るほど有名。
また神社にある高さ10mを超える大門松は、過去にはギネスにも認定されたこともあり、これを見るために県外からも多くの参拝客が訪れています。
 
 
 
 

江東寺(島原市)

江東寺(島原市)

1558年(永緑1年)宣安明言和尚が北有馬・田平に開山し、その後、松倉重政が島原城を竣工させ、ここを菩提寺と定め江東寺と改められました。その後、島原大変による被害で現在地に建立されました 。

この再建を祝って1828年(文政11年)に奉納されたものが「ねはん図」です。
身の丈8.1mの鉄筋コンクリート造りのねはん像としては日本最大で、足の裏に大法輪の相(仏足石)が刻まれているのも最初だそうです。

◆この時期にしか見られない景観

雲仙の「霧氷」

雲仙の「霧氷」

普賢岳・妙見岳一帯で、12月から3月初旬にかけて月平均12~14日霧氷を見ることができます。

霧氷とは気温が氷点下の日に、雲や霧などの空気中の水分が、木の枝に吹き付けられて氷の結晶となりできるものです。
地元では「花ぼうろ」とも呼ばれています。
 
 
 
 

◆心温まる「食」

具雑煮

具雑煮

島原地方の雑煮は具だくさんで、豊かな島原の産物を集大成化したようなもの。
島原のハレの日に、山海の幸を贅沢に頂く郷土料理。
雲仙みかどホテルのランチでも自家製出汁にこだわり、出来立てをご提供!
 
 
 
 

月間

観光情報
バックナンバー