観光情報・アクセス | 【公式】雲仙みかどホテル 長崎・島原の豪華ビュッフェと天然温泉が自慢の宿

アクセス

お車でお越しのお客様

福岡方面→・・・(九州自動車道)30分・・・→鳥栖JCT→・・・(長崎自動車道)1時間10分・・・→諫早IC→・・・(車)1時間30分・・・→雲仙みかどホテル
長崎方面→・・・(長崎自動車道)1時間10分・・・→諫早IC→・・・(車)1時間30分・・・→雲仙みかどホテル

バスでお越しのお客様

福岡市内→・・・(高速バス)2時間10分・・・→諫早駅前→・・・(バス)1時間30分・・・→雲仙みかどホテル

JRでお越しのお客様

博多駅→・・・(JR 特急)1時間45分・・・→JR諫早駅→・・・(バス)1時間30分・・・→雲仙みかどホテル
長崎駅→・・・(JR九州)30分・・・→JR諫早駅→・・・(バス)1時間30分・・・→雲仙みかどホテル

船でお越しのお客様

福岡三池港→・・・(島原鉄道高速船)40分・・・→島原港→・・・(バス)20分・・・→雲仙みかどホテル
熊本港→・・・(熊本フェリー オーシャンアロー)30分・・・→島原港→・・・(車)15分・・・→雲仙みかどホテル
熊本港→・・・(九商フェリー)60分・・・→島原港→・・・(車)15分・・・→雲仙みかどホテル
熊本長州港→・・・(有明フェリー)40分・・・→多比良港→・・・(車)50分・・・→雲仙みかどホテル
熊本鬼池港→・・・(島鉄フェリー)30分・・・→口之津港→・・・(車)60分・・・→雲仙みかどホテル

熊本フェリー(オーシャンアロー)をご利用のお客様へ
徒歩でご乗船のお客様限定で、お得な宿泊プラン・日帰りプランもご用意しております。島原港より当ホテルまでの往復無料送迎バス付きです。

観光

魅力あふれる
島原散策・雲仙観光を
お楽しみください。

11月の観光情報
いよいよ紅葉シーズン到来!
島原半島を愛でる、ゆったり紅葉旅のススメ

秋の行楽シーズンに入り、九州を代表する紅葉の名所「雲仙仁田峠」を擁する島原半島は美しい秋景色が見れることでも有名です。ゆっくりトレッキング、或いは情緒豊かな温泉地や街道の散策など、あなたに合った秋の絶景を愛でる旅へ出かけませんか?

雲仙ロープウェイ

雲仙ロープウェイ

標高約1300m!麓から山頂までをつなぐロープウェイ。 ゴンドラ内からは、美しい妙見岳の紅葉を大パノラマで 眺めることができます。特に、妙見山頂到着直前の ゴンドラからの景観は格別と評判!条件が合えば、 妙見岳より有明海上空に広がる雲海から覗く 天草群島がお楽しみいただけます。(秋~冬限定)

料金:
■片道/大人(中学生含む)730円、小学生以下370円
■往復/大人(中学生含む)1290円、小学生以下650円
営業時間:8:31〜17:11 (上り最終16:51)
※10/31までは8時31分~17時23分(上がり最終17時03分)
※時期により時間帯が異なります。
※荒天時は運休

詳細URL:http://unzen-ropeway.com/index.html

住所:雲仙市小浜町雲仙551
問合せ:雲仙ロープウェイ株式会社
TEL:0957-73-3572

雲仙普賢岳トレッキング

雲仙普賢岳トレッキング

新登山道が開通し「平成新山」がグッと間近になり、トレッキング好きからも人気の雲仙普賢岳。「普賢岳紅葉樹林」として国の天然記念物にも指定されており、緑色の葉の中に群れて咲き乱れる紅葉植物は、 まるで海の中に生息するサンゴ礁のよう。思いっきり動いた後は、疲労回復に温泉でリラックスしましょう♪

住所:雲仙市小浜町雲仙
問合せ:雲仙温泉観光協会
TEL:0957-73-3434

雲仙紅葉ウォーク

雲仙紅葉ウォーク

2019年11月4日(祝・月)に開催決定!
毎年大好評のイベントが今年はさらにパワーアップし、 「めぐる・食べる・つかる」をテーマに、温泉街で使える 500円券付きという嬉しいサービス付きで開催されます。
4つのコースからお選びいただけ、当日参加も可能です。

料金:
[事前申し込み]
一般:1,000円 小学生以下:100円
※申込期限:2019年10月28日(月)
28日以降は当日受付となります。
[当日申込み]
一般:1,200円 小学生以下:200円
■コースによって、ポールレンタル料 200円
■弁当代:500円(一食)※弁当は事前予約必須

詳細URL:http://www.unzen.org/blog/archives/1262

問合せ:雲仙温泉観光協会
TEL:0957-73-2233

雲仙地獄

雲仙地獄

硫黄の香りが立ち込め、最高温度120℃もの噴気が、シューッと音を立てて地の底から吹き出し、辺り一面を覆い尽くす光景は、まさに地獄そのもの。
遊歩道が整備されており、約60分ほどの地獄めぐりの途中には、新しく整備されたスポットも。五感で地獄を楽しむことができます。

住所:雲仙市小浜町雲仙
問合せ:雲仙温泉観光協会
TEL:0957-73-3434

ジオ・マルシェ

ジオ・マルシェ

年2回開催の島原半島の「食の祭典」。
ユネスコ世界ジオパークに認定される島原半島の 大地(ジオ)の恵みが一堂に集結し、生産者とお客様がふれあえる市場が期間限定で登場。販売はもちろんのこと、会場横の芝生広場ではピクニック利用も可能です。素敵なひとときになること間違いなし。

入場料金:無料
営業時間:10:00〜15:00
住所:島原市平成町1-1(雲仙岳災害記念館内)
問合せ:島原半島観光連盟
TEL:0957-62-0655

小浜の夕日

小浜の夕日

雲仙みかどホテルから車で約40分程でいける橘湾に面した小浜温泉。歌人・斎藤茂吉が、「ここに来て 落日を見るを常とせり 海の落日も 忘れざるべし」と夕陽に感動して詠んだ歌があるほど有名な絶景スポット。水平線を黄金色に染めながら、大海原に沈みゆく夕日は思わず溜息が出るほどの美しさです。

住所:雲仙市小浜町北本町(夕日の広場)
問合せ:小浜温泉観光協会
TEL:0957-74-2672

島原半島
観光スポット

島原半島の自然や歴史を体感する
おすすめ観光スポットをご紹介。

  • ほっとふっと105 日本一長い足湯

    ほっとふっと105 日本一長い足湯(南島原市)

    小浜温泉にある日本一長い足湯で、
    足湯には、蒸し釜・ウォーキング足湯・ペット足湯があり、無料で利用できます。
  • 仁田峠(雲仙市)

    仁田峠(雲仙市)

    春はツツジ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は霧氷と四季を通じて異なる表情を見せる人気スポット。
    雲仙ロープウェイを使って見る上空1300mから眼下に見渡す広大な風景は抜群です。
    【住所】長崎県雲仙市小浜町雲仙
    【お問い合わせ】0957-73-3434
  • 岩戸神社(雲仙市)

    岩戸神社(雲仙市)

    老杉が静かなたたずまいを構える水源の森。
    境内は樹齢300年を超える檜や杉などの巨木に囲まれた、洞窟が御神体の神社です。
    長崎県内随一のパワースポットとしても人気です。
    【住所】雲仙市瑞穂町西郷丁2322
    【お問い合わせ】0957-38-3111(雲仙市観光物産課)
  • 愛野駅(雲仙市)

    愛野駅(雲仙市)

    愛野駅と吾妻駅の名前をつなげると
    「愛しのわが妻」となることから恋人・夫婦の愛の聖地となっています。
    【住所】長崎県雲仙市愛野町甲本町3873?3
    【お問い合わせ】0957-62-2232(島原鉄道本社鉄道課)
  • 千々石観光センター(雲仙市)

    千々石観光センター(雲仙市)

    日本景観100選に選ばれた「橘湾」や雲仙普賢岳を一望できる観光・お土産処。生産量日本第2位を誇る長崎県産じゃがいもを使用した名物おやつ「じゃがちゃん」は観光客に大人気!
    【住所】長崎県雲仙市千々石町丙160
    【営業時間】
    【お問い合わせ】0957-37-2254
  • 湧水庭園四明荘(島原市)

    湧水庭園四明荘(島原市)

    島原の旧家には湧水を利用した庭園をもつ水屋敷があり、ここはその代表格。湧水でできた泉水を配した池には錦鯉が泳いでいます。
    【住所】長崎県島原市新町2丁目
    【営業時間】8時30分〜18時00分
    【入場料】
    ・大人300円(18歳以上の方※高校生を除く)
    ・小人150円(高校生以下の児童生徒)
    【お問い合わせ】0957-63-1111(しまばら観光おもてなし課)
  • 有明の森フラワー公園(島原市)

    有明の森フラワー公園(島原市)

    夏にはマリーゴールド、サルビアが
    秋にはコスモスが一面咲き乱れます。
    【住所】島原市有明町湯江乙2524-607
    【営業時間】9時00分〜17時00分
    【お問合せ先】0957-68-5252(有明の森ふるさと物産館)
  • 道の駅みずなし本陣ふかえ(南島原市)

    道の駅みずなし本陣ふかえ(南島原市)

    お食事処やおみやげ物屋の他に観光案内所があり、 施設内には「土石流被災家屋保存公園」として 雲仙普賢岳噴火で被災した家屋が保存されています。
    【住所】南島原市深江町丁6077
    【営業時間】8時30分〜17時00分
    【お問合せ先】0957-72-7222
  • 旧大野木場小学校被災校舎(南島原市)

    旧大野木場小学校被災校舎(南島原市)

    平成3年9月15日の大火砕流に伴う熱風(火砕サージ)による火災で焼失した校舎を保存・展示しています。
    【住所】長崎県南島原市深江町戊2100-1
    【お問合せ先】0957-72-2499
  • イルカウォッチング(南島原市)

    イルカウォッチング(南島原市)

    島原半島と熊本県天草の間には約300頭のハンドウイルカが生息しておりその姿を見ることができます。
    優雅に泳ぐイルカに身も心も癒されます。
    【お問い合わせ】※各事業者へお問い合わせください。
  • 鮎帰りの滝(南島原市)

    鮎帰りの滝(南島原市)

    マイナスイオンたっぷりな南島原随一の癒しスポット。
    かつては滝つぼの近くまで鮎がかえってきていたことにちなみ、現在夏には近くの茶屋で滝の水を利用したそうめん流しが楽しめる。
    【住所】南島原市有家町尾上4664
    【利用可能時間】 11時〜20時
    【お問い合わせ】0957-82-8284(滝の茶屋)
  • 瀬詰崎灯台(南島原市)

    瀬詰崎灯台(南島原市)

    早崎半島先端にある灯台で
    早崎瀬戸の渦潮や夕日がきれいなスポット。
    島原半島でも人気の絶景スポットです。
    【住所】長崎県南島原市口之津町早崎地区

ハウステンボス

  • 長崎県佐世保市ハウステンボス町一-一

    長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

  • 〇五七〇-〇六四-一一〇

    0570-064-110

  • 雲仙みかどホテルから2時間30

グラバー園

  • 長崎県長崎市南山手町八-一

    長崎県長崎市南山手町8-1

  • 〇九五-八二二-八二三三

    095-822-8223

  • 雲仙みかどホテルから1時間30

長崎空港

  • 長崎県大村市箕島町五九三

    長崎県大村市箕島町593

  • 〇九五七-五二-五五五五

    0957-52-5555

  • 雲仙みかどホテルから1時間30

長崎市

  • 長崎県長崎市桜町二-二二

    長崎県長崎市桜町2-22

  • 〇九五-八二二-八八八八(市役所)

    095-822-8888(市役所)

  • 雲仙みかどホテルから1時間30

諫早市

  • 長崎県諫早市東小路町七-一

    長崎県諫早市東小路町7-1

  • 〇九五七-二二-一五〇〇(市役所)

    0957-22-1500(市役所)

  • 雲仙みかどホテルから1時間

佐世保市

  • 長崎県佐世保市八幡町一-一〇

    長崎県佐世保市八幡町1-10

  • 〇九五六-二四-一一一一(市役所)

    0956-24-1111(市役所)

  • 雲仙みかどホテルから2時間

コース

雲仙・島原おすすめ
観光コース

モデルコース1雲仙・小浜満喫コース

  • ほっとふっと105

    ほっとふっと105 日本一長い足湯

    小浜温泉にある日本一長い足湯です。足湯には、蒸し釜・ウォーキング足湯・ペット足湯があり、無料で利用できます。
  • 雲仙地獄めぐり

    雲仙地獄めぐり 雲仙の温泉地

    硫黄の香りが漂う中、至る所から噴気が激しく噴出し、湯煙が立ちこめるその光景は、まさに地獄そのものです。
  • 雲仙ロープウェイ

    雲仙ロープウェイ 四季の移ろいを望む

    仁田峠駅〜妙見岳駅間の約500mを、四季折々の美しい景色の中、ゴンドラでの空中散歩が楽しめます。
  • 雲仙みかどホテル

    チェックイン


    雲仙みかどホテルへようこそ

モデルコース2島原歴史探訪コース

  • 島原城

    島原城 島原市史跡

    長崎県島原市城内にあった、安土・桃山様式の壮麗な面影を残す島原城。現在は復興され、城跡公園となっています。
  • 武家屋敷

    武家屋敷 島原を歩く

    島原城の西側に、築城した際に藩士のために作られた武家屋敷跡が、江戸時代さながらに今も残されています。
  • がまだすドーム雲仙岳災害記念館

    がまだすドーム 雲仙岳災害記念館

    平成噴火に立ち会う、火砕流が走る、驚きが見えてくる。知的エンターテイメントがいっぱい詰まった一大展示空間です。
  • 雲仙みかどホテル

    チェックイン


    雲仙みかどホテルへようこそ

月間

観光情報
バックナンバー

Backnumber